メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

クリックカウントURL一括変換機能

メールコンテンツのURLを全て自動で抽出し、簡単・効率的にクリックカウント取得用URLに変換できる機能です。配信先ユーザー毎にURLを一つ一つ変換(パーソナライズ)できるため、「誰が」「いつ」「どのURLをクリックしたか」などの情報が取得できるようになります。また、それぞれのURLに管理しやすいようタイトルを付与したり、それぞれのURLに対してコンバージョンを設定したりすることが可能です。最終目的のWebページに計測用のコンバージョン用タグを貼り付けることで、WEBCASで配信したメールから目的のページに到達したかどうかを追跡することが可能です。

クリックカウントURL一括変換機能を活用している、当社お客様の事例

クリックカウントURL一括変換機能を活用している、お客様の声をご紹介します。

「他社システムとも比べましたが、メールのクリック率を計測するための作業はWEBCASが一番簡単です」 ―株式会社インディバル様

「WEBCASは、メールコンテンツ内のURLを即座にクリックカウント取得用のURLに変換できるので、大変便利です。

実は、WEBCASと比較した他社のシステムにもクリックカウントを取得する仕組み自体はありました。しかし、URLを一つひとつ手作業で変換しなければならなかったり、遷移先のページにタグを埋め込む必要があったり、リンク先がPDFファイルだと変換されなかったりしました。WEBCASならボタン一つですべてのURLが変換できるので、他社システムと比べて圧倒的に作業効率が高いと感じています」

矢田様

矢田様

求人サイト「ショットワークス」を運営する、株式会社インディバルご担当者様

WEBCAS e-mailの機能一覧

 

 

WEBCAS e-mailでできること