メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

多言語でのメール配信

メール配信システムWEBCAS e-mailは、国際的な文字コード「UTF-8」でのメール配信に標準対応しており、多言語でのメール配信が可能です。

また、多言語対応版のメール配信システム「WEBCAS e-mail Multi-Language(ウェブキャスイーメール マルチランゲージ)」なら、メール配信だけでなく管理画面の多言語化(10か国語)にも対応。それぞれ母国語が違う現地駐在・在住スタッフよるメール配信作業、分析・効果検証作業などが行えるようになります。

多言語でのメール配信に標準対応

メール配信システムWEBCAS e-mailは、国際的な文字コード「UTF-8」でのメール配信に標準対応しています。そのため、日本語・英語に加え、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、ロシア語など、幅広い言語でのメールマーケティングが実施できます。

国や部門をまたいだ承認フローの構築も可能

海外向けメール配信において、グローバルな内部統制が必要となる場合には、システム上で承認フローを構築することも可能です。WEBCAS e-mailなら、国、支店、部門等をまたいだグループを組むことが可能。その中で最大3段階の承認フローを組むことができます。

国や部門をまたいだ承認フローの構築も可能

国や部門をまたいだ承認フローの構築も可能

海外におけるメール配信に欠かせない認証技術「DKIM」に対応!

「DKIM(ディーキム)」は、なりすましなどの迷惑メール対策として開発された技術で、世界標準の認証技術として海外で広く普及しています。具体的には、メール送信元がメールに電子署名を付与することで「送信元ドメインを詐称していない」ことを証明するものです。WEBCAS e-mailは認証技術「DKIM」に対応したメール配信に対応しています。これにより、外国へのメール配信の到達能力の向上が図れます。

多言語対応版「WEBCAS e-mail Multi-Language」なら、管理画面の多言語化にも対応

多言語対応版のメール配信システム「WEBCAS e-mail Multi-Language(ウェブキャスイーメール マルチランゲージ)」なら、海外言語でのメール配信だけでなく、スタッフが操作する管理画面を現地言語で表示することができます。

多言語配信だけじゃない!管理画面の多言語操作に対応し、現地スタッフも操作可能

多言語配信だけじゃない!管理画面の多言語操作に対応し、現地スタッフも操作可能

多言語メール配信を利用している、当社お客様の事例

株式会社WEIC様

「当社は、語学のeラーニングサービスをグローバル展開する大手企業等に提供しています。

当社では、配信するメールの一部で中国語のコラムや例文を紹介したかったため、『多言語メール配信ができるシステム』が必要でした。
WEBCAS e-mailは多言語メール配信に対応しており、メール内に日本語と中国語を混在させても文字化けを起こすことなく正しく表示できるので、とても助かっています。」

株式会社WEIC様

株式会社WEIC様