メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

CSVインポートメール配信

お手元にある配信リストに対して、今すぐメールを配信することができるのが、「CSVインポートメール配信」機能です。メール配信システム側にデータベースを持たない運用が可能なので、自社で管理しているデータベース・メール配信側のデータベースという二重管理を防ぎ、メール配信に特化したご活用が可能です。

とにかく手軽で低コスト。今あるリストにメールが送れる

DB構築の手間無くお手軽メール配信が可能

配信リストとメールのコンテンツさえあれば、すぐにメールを配信できます。システムが分散していて統合・連携が面倒な場合や、担当者が管理できないDBから配信したい場合や「とにかく今あるリストにすぐ配信したい」場合に最適です。

DB構築の手間無くお手軽メール配信が可能

DB構築の手間無くお手軽メール配信が可能

インポートするCSVファイル内に「性別」「年齢」「地域」などの項目があれば、それらの条件を付与した柔軟なセグメント配信も可能。もちろん、「会社名」「名前」などの項目があれば、それらを差し込んで個別最適化したメールを配信することもできます。

宛名等の差し込み

宛名等の差し込み

営業が管理している顧客のフォロー、リストクリーニングにも

ExcelやSFA(営業支援システム)などで顧客管理をしている場合は、そこから抽出したリストをWEBCASにインポートするだけでスピーディーなメール配信が実現します。
CSVインポートメール配信では、各営業担当者の個人アドレスを「送信元」として設定できるため、info@~などの代表アドレスからメールを送った場合に比べ、お客様の目にも留まりやすくなります。さらに、送ったメールへの反応やメール返信は全て営業担当に直接届くため、担当営業による迅速な対応が実現。小さなチャンスも逃しません。

営業支援ツールとしての活用例

営業支援ツールとしての活用例

また、机に眠っていた名刺リストのクリーニングとしての活用も可能。今ある情報資産の有効活用にお役立ていただけます。

名刺リストへの簡単フォローアップ&リストクリーニング

名刺リストへの簡単フォローアップ&リストクリーニング

CSVインポートメール配信を利用している、当社お客様の事例

WEBCAS e-mailのCSVインポートメール配信を利用しているお客様の声をご紹介します。

「次世代の交通システムを普及させるため、WEBCASで利用促進をはかっています」―トヨタ自動車株式会社様

「次世代交通システム『Ha:mo(ハーモ)』の利用促進を目的に、WEBCASのCSVインポートメール配信をクラウド環境で利用しています。

新たにメール配信専用のデータベースを作成する必要がないため、自社管理している会員データベースとの二重管理が発生しないことがメリットです」

トヨタ自動車株式会社様

「配信ログの確認やテストメールの配信もスムーズに行うことができ、とても使いやすいです」

「該当リストをインポートして配信するだけなので、作業は5分以内で完了しています」―アニコム損害保険株式会社様

「WEBCAS e-mailを、ペット保険の契約者様へ保険金請求受付・支払手続きに関するメールを配信するために利用しています。これにより、コールセンターの上記質問に関する問い合わせが10分の1に減りました。

メール配信は、当社の基幹システムから該当データをダウンロードし、WEBCASにインポートして配信するというシンプルな方法で運用しています。新たな顧客管理の仕組みを構築する必要もなく、低コストで運用できるので助かっています」

アニコム損害保険株式会社様

「一日およそ120通のメールを配信しています」

「自社通販サイトとAmazon店での“出荷完了メール”を毎日配信しています」―株式会社カクヤス様

「自社通販サイトと、Amazon店で注文を受けた分の“出荷完了メール”を毎日WEBCASで配信しています。

当社では宅配業者のシステムから必要なデータをCSVでダウンロードし、WEBCASにインポートして配信しているのですが、CSVの項目に『お客様のお名前』『商品の注文番号』『出荷日』『お問い合わせ番号(荷物の追跡番号)』などがあるため、これらの情報をメールの本文に差し込んでいます」

「WEBCASのCSVインポートメール配信は、導入までのスピードが早く、シンプルに運用できるところが良いですね」