メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

メール配信の効果分析機能

メールマーケティングの効果を向上させるには、PDCAサイクルを回すための効果検証・分析が欠かせません。メール配信システムWEBCAS e-mailは、個別メールの深掘り分析から、複数メールの比較分析まで、きめ細かく柔軟に対応することが可能です。
開封率(※HTMLメールの場合)やクリック率、コンバージョン率、到達率、エラーメール(リターンメール)率、オプトアウト率までを様々な切り口で分析することが可能です。

↓個別メール分析

個別メール分析

個別メール分析

1通のメールの配信結果を深堀りできる
↓複数メール横断分析

複数メール横断分析

複数メール横断分析

ある期間内に送ったメールの効果を多角的に分析できる

個別メール分析

個別のメール配信結果を深掘りして検証することができます。

リアルタイムに効果分析が可能

メールマーケティングに欠かせない、メールの開封率(HTMLメールのみ計測可能)、クリック率、コンバージョン率等の計測がリアルタイムに行える効果分析機能を備えています。配信したメールがどの程度お客様に読まれ、コンバージョンにつながったのかを数値で確認できるため、定量的な成果目標を立てることができます。

メール配信の結果をリアルタイムに分析可能

メール配信の結果をリアルタイムに分析可能

レポートはPDFで簡単ダウンロード

さらにレポート機能として、各種配信ログ分析結果をPDF出力して印刷し、報告資料として活用することが可能です。配信ログでは、エラーメール率、オプトアウト(配信停止)率、メール送信時間、開封率、クリック率、コンバージョン率などが確認できます。

メール配信の結果レポートはPDFでダウンロード可能

メール配信の結果レポートはPDFでダウンロード可能

詳細なメール配信ログはCSVでダウンロード可能

配信対象一人ひとりに基づいた詳細な配信ログは、CSVデータをダウンロードして自由に集計・分析することが可能です。CSVデータでは、「誰が」「いつ」メールを開封し、どのURLをクリックしたかを始め、配信停止処理の有無、エラーの有無と、エラー原因などのデータが把握できます。また、それらのデータを元に、男女別、地域別、属性別など、任意の切り口でご自由にクロス集計も行っていただけます。

エラーメール(バウンスメール)分析

メール配信システムWEBCAS e-mailは、エラーメール(バウンスメール)を要因別に分析・カウントすることができます。この機能により、お客様からの「メールが届いてない!」という問い合わせにもスムーズに対応でき、顧客リストのクリーニングも簡単に行えます。また、エラーの回数によって自動で配信停止する設定も行えます。これによりメール高速送信が可能となり、次回以降の配信で受信側に迷惑メールとしてスパム判定されることを防ぎます。
本機能はPC向けメール・携帯向けメール双方に対応しています。

WEBCASで取得できるエラーメール要因詳細

恒久的なエラーメール要因

※自動で配信停止処理を行います

メールアドレスのドメインが存在しない
メールアドレスのユーザーが存在しない
相手先メールサーバーからの受信拒否
相手先メールサーバーに接続失敗
その他の持続的な送信失敗

一時的なエラーメール要因

相手先のメールボックスが一杯なため受信拒否
メールサイズが上限を超えているため受信拒否
ユーザー側でのドメイン指定受信または指定拒否 (docomo/WILLCOM)
その他の一時的な送信失敗
エラー要因判別不可 エラーメール(バウンスメール)の要因判別不可

ECサイトとの連携で、メールからの売上が把握可能に

さらに、ECシステムとWEBCASの連携により、レポート画面で「メール配信からの売上」を具体的に把握できるカスタマイズも可能です。メールマガジン担当者様ご自身が、メール内の「どのコンテンツがどの程度の売上をあげたのか」が手に取るように把握できるようになるので、より実践的な効果検証・分析が行えるようになります。

メール配信からの売上を把握できるカスタマイズも可能

メール配信からの売上を把握できるカスタマイズも可能

効果分析機能を活用している、当社お客様の事例

WEBCAS e-mailの効果分析機能を活用しているお客様の声をご紹介します。

「メール配信結果がリアルタイムに確認できるようになりました」―株式会社ゼンリン様

「以前は10万件の配信リストに対して同報メールを送るだけで、メールの開封率やクリック率を確認することができませんでした。
WEBCAS e-mailを導入してからは、『メールがどのくらい読まれているか』、『どのくらい売上に直結しているか』を数値で把握することができるようになり、より実践的な成果目標が立てられるようになりました。分析結果は管理画面からリアルタイムに確認できるため、すぐに対策を講じられるのも利点だと思います」

株式会社ゼンリン様

「効果検証が簡単に行えるようになったのは、WEBCAS導入による大きなメリットです」

「“どんなコンテンツがお客様に喜ばれるのか”を知るためには、効果分析が欠かせません」―株式会社インディバル様

「当社は求人サイトを複数運営しており、WEBCAS e-mailは法人のお客様向けに『お役立ち情報』をお伝えするメール配信ツールとして利用しています。

WEBCAS e-mailは配信したメールに対する効果が細かくレポートで表示されるため、『どのようなコンテンツを作ればお客様が興味を持ってくれるか』を確認できます。もちろんコンテンツだけでなく、メールの配信時間に気を配ったり、テキストメールとHTMLメールのA/Bテストを行ったりと、試行錯誤を繰り返しています」

株式会社インディバル様

株式会社インディバル様

「どんなメールコンテンツを作ればクライアント様に響くかを、毎回真剣に考えています」

複数メール横断分析

「今回のメルマガと、前回、前々回のメルマガの効果を比べたい」「先月よりも今月の方が反応はよかった?」そう思ったことはありませんか?WEBCAS e-mailは、従来1通1通確認する必要があった複数のメールの効果を、一度に多様な角度から分析できる機能を備えています。

複数メール比較分析

複数のメールの配信結果が管理画面上からグラフでご覧いただけます。 数値は表でもご覧いただけるほか、CSVでダウンロードいただくことも可能です。

■グラフ表示を選択できる指標
効果指標:開封数/率、クリック数/率、コンバージョン数/率、オプトアウト数/率
配信結果:メール到達数、エラーメール数、送信失敗数

2期間比較分析

「直近30日とその前の30日における効果を比べたい」「前年同期比のCV率を比べたい」など、二つの期間における反響を比較したいときには、比較分析の機能が便利です。

2つの期間の効果を比較(グラフ表示)

2つの期間の効果を比較(表)

2つの期間の効果を比較(表)

2つの期間の効果を比較(表)

曜日別/時間別分析

指定の期間において、曜日別、時間別の効果を測定することができます。メールを配信するのに最適なタイミングを検証するのに便利です。

曜日別/時間別分析

曜日別/時間別分析

その他分析

時間別/日別/月別配信分析

時間別、日別、月別に各種指標を分析できる機能です。たとえば「メルマガのコンバージョン数が高かったのは何月か?」といった分析が行えます。
ドメイン/デバイス分析

メールを受け取ったユーザーの受信端末やドメイン情報をグラフでご覧いただけます。