メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

カスタマイズ(WEBCAS e-mail SaaS版)

一般的なメール配信クラウドサービスは、複数の利用企業が同じ環境を共有するため、カスタマイズを行うことはできません。これでは「自社の運用に合わせたシステムを構築したい」「自社のセキュリティポリシーに対応したい」という企業様には不向きです。

メール配信システムWEBCAS e-mailはクラウドサービスでありながら、各企業様の運用に合わせた様々なカスタマイズが可能です。物理的に離れた場所にある複数のデータベースや他システムとも柔軟に連携し、効果的なメールマーケティング基盤を構築できます。

※クラウドサービスだけでなく、自社環境にシステムを設置できるパッケージ導入版もご用意しています。

メール配信システムWEBCAS e-mailのSaaS版は、クラウドサービスでありながら、各企業様の運用に合わせた様々なカスタマイズが可能です。物理的に離れた場所にある複数のデータベースや他システムとも柔軟に連携し、効果的なメールマーケティング基盤を構築できます

メール配信システムWEBCAS e-mailのSaaS版は、クラウドサービスでありながら、各企業様の運用に合わせた様々なカスタマイズが可能です。物理的に離れた場所にある複数のデータベースや他システムとも柔軟に連携し、効果的なメールマーケティング基盤を構築できます

様々なカスタマイズに対応

Q

クラウドサービスでありながら、カスタマイズができるのはなぜですか?

A

クラウド環境自体は他社と共有しつつ、アプリケーションを個社で占有する運用ができるためです。 また、当社はパッケージ導入版を長く提供してきたため、カスタマイズにおける豊富なノウハウと経験を持っています。一般的なクラウド(ASP)業者では対応が難しいカスタマイズでも、当社なら対応可能な場合が多くございます。

Q

たとえばどのようなカスタマイズができるのですか?

A

様々なカスタマイズに対応できますが、具体的な事例をいくつかご紹介いたします。

Webアクセス解析システムと連携し、メルマガの効果を可視化する

千趣会様

総合通販大手の千趣会(ベルメゾンネット)様での事例をご紹介します。
千趣会様は、利用していたWebアクセス解析システム上で、メールマーケティングの効果検証を一括管理したいと希望されていました。そのため当社でカスタマイズを行い、メルマガ効果分析に加え、広告効果、Webアクセス履歴なども含めた総合的な分析ができるよう支援しました。
データベースから必要な情報を取り出し、メールコンテンツに自動反映する

パルシステム生活協同組合連合会様

パルシステム生活協同組合連合会様

生協宅配サービスのパルシステム生活協同組合連合会様の事例をご紹介します。
同社では毎週1回、会員に食品や生活用品をお届けしていますが、以前は「何を注文したか忘れてしまった」「注文したつもりだったが商品が来ない」という会員からの声がコールセンターに多く寄せられていました。そのため、会員一人ひとりの購買データや商品マスタ等から必要な情報をメール配信システムに取り込み、”お届け予定商品お知らせメール”として配達前に自動で配信できるようカスタマイズを行いました。
各部署の運用体制に合わせる

松竹株式会社様

松竹株式会社様

映画配給会社の松竹様での事例をご紹介します。
松竹様では、たとえばA部署では「CSVデータをメール配信システムに都度インポートして配信」し、B部署では「会員登録データベースから該当リストを参照して配信する」、C部署では「独自会員データ項目を参照して配信する」・・・というように、メール配信の運用が各部署で異なっていました。そのため、現状の運用を変えずにシステム統合できるよう、カスタマイズを行いました。
セキュリティを強化する

株式会社ニッセン様

カタログ通販大手のニッセン様での事例をご紹介します。
ニッセン様のメール配信システム構築においては、同社の高いセキュリティポリシーに対応する必要がありました。そこで、監視プログラムの設定や詳細なログ情報を取得できるようカスタマイズを行いました。また、個人情報保護機能を強化するため、通信・データベースともに暗号化し、クラウド環境においても強固なセキュリティレベルを実現しました。
Q

売上データと連動させるようなカスタマイズも可能ですか?

A

ECシステムとWEBCASを連携し、分析レポート画面で「メール配信からの売上」を具体的に把握できるカスタマイズも可能です。担当者様ご自身が、メール内の「どのコンテンツがどの程度の売上をあげたのか」が手に取るようにわかるため、より実践的な効果検証・分析が行えるようになります。

メール配信からの売上を把握できるカスタマイズも可能

多くの外部システムと連携できる

近年は、企業が保有している顧客情報、購買情報、Webアクセス履歴等のビッグデータ分析に基づいた、高度なOne to Oneメールマーケティングが求められています。メール配信システムWEBCAS e-mailのSaaS版は、DMPやレコメンドエンジン、アクセス解析ツール等と柔軟に連携し、効果的なメールマーケティングを実現します

メール配信からの売上を把握できるカスタマイズも可能

メール配信からの売上を把握できるカスタマイズも可能

連携できる外部システム

メール配信システムWEBCAS e-mailと連携が可能なシステム・サービスを、掲載を許可いただいたシステムのみご紹介いたします。(掲載ツール以外にも連携実績はございますので、詳しくはお問い合わせください。)

クラウドプラットフォーム

DMP

オーディエンスデータ コネクトサービス

レコメンド

EC

顧客データ分析

アクセス解析

ソーシャルログイン

データ連携(EAI)

実際の連携イメージ

Q

外部システムとWEBCAS e-mailを連携すると、どんなことができるのですか?

A

いくつかご紹介します。

1. AWSとメール配信の連携
AWS上のデータベースと連動した、大量・高速メール配信が実現します。特に、日本国内の携帯キャリアの受信制限を十分考慮した配信基盤を構築できるのが特徴です。具体的には、Amazon Direct Connect(専用ネットワーク接続)をベースに専用回線を敷設することで、最短1週間でAWS上にメール配信インフラを構築、2週間での運用開始が可能となります。 AWSとメール配信システムWEBCAS e-mailの連携については、ランサーズ様(クラウドソーシング)、セイコーエプソン様(大手製造)、ベイクルーズ様(アパレルEC)等、多数の導入実績があります。

AWSとメール配信の連携


2. レコメンドエンジンとメール配信の連携
顧客のWebサイト内の行動履歴・購買履歴を基に、顧客一人ひとりにパーソナライズしたオススメ情報(レコメンド情報)を、メールマガジンのコンテンツとして盛り込むことができる「レコメンドメール」の配信が実現します。年齢、性別等の属性情報だけでなく顧客一人ひとりの行動パターンに合わせたメールを配信できるため、非常に高いクリック率・コンバージョン率が見込めます。

複数組織にまたがるシステム構築

複数組織にまたがるシステム構築


3. DMPとメール配信の連携
プライベートDMPに蓄積されたWebサイト上の行動情報や顧客属性情報、様々な外部データなどをもとに分析・抽出された配信対象に、WEBCAS e-mailでメールを配信できます。たとえば、「“海外旅行に興味のある子どものいる女性”にファミリー向け海外旅行のキャンペーンメールを送る」といったことや、「“過去3ヶ月以内に商品Aを購入したビジネスマン”に同じブランドで使えるクーポン券を配信する」等、ユーザーの興味関心・嗜好性に高い精度でマッチしたメールマーケティングを実現できます。

複数データベースと連携できる

実際の連携イメージ

メール配信システムWEBCAS e-mail は、すでに活用している「顧客情報データベース」「基幹システム」「EC運営システム」「キャンペーンデータベース」など、離れた場所(データセンター)で管理されている、複数のデータベースとの連携が可能です。

Q

複数データベースと柔軟に連携できるのは何故ですか?

A

WEBCASには、当社が独自に開発したデータ連携ツールが組み込まれているためです。これにより、複数組織にまたがるシステム構築や、地方の支店等を分けた運用、会社間をまたいだデータベースとの連携が可能となり、それぞれのデータを生かしたメールコミュニケーションがスピーディに実現します。

複数組織にまたがるシステム構築

複数組織にまたがるシステム構築

WEBCASは連携パターンが充実

WEBCASは連携パターンが充実

データベースとメール配信システムを連携させる場合、多くのメール配信業者はバッチ処理で対応します。具体的には、メール配信クラウド側に貴社のメール配信用データベースを用意して、貴社のデータベースからSFTPサーバ等を経由し、バッチ処理でメール配信クラウド側のデータベースを自動更新します。当社では、このようなバッチ処理による連携はもちろん、貴社の顧客データベースとWEBCASクラウドサーバーをVPN回線等で直接連携し、メール配信用の顧客データ(宛先アドレス・差し込み情報・抽出情報)を参照する独自の連携が可能です。

「WEBCAS」は双方の連携方式に対応

WEBCAS独自の直接連携

顧客データベースとWEBCASクラウドサーバーをVPN回線等で直接連携

顧客データベースとWEBCASクラウドサーバーをVPN回線等で直接連携

貴社が管理している複数DBのデータに直接つながり、リアルタイムに参照してメール配信を行える当社独自の連携パターンです。貴社 がお持ちの様々なデータベースをフルに活かして、顧客に対して最適な情報発信が行えます。個人情報は自社内で管理できるため、クラウド上に個人情報を 置けない場合でも活用いただける形式です。
バッチ処理による連携

顧客データベースとWEBCASクラウドサーバーをVPN回線等で直接連携

顧客データベースとWEBCASクラウドサーバーをVPN回線等で直接連携

既存のデータベースで管理しているデータファイルを、バッチ処理でWEBCAS側で受け取ることにより、メール配信対象のデータの受け渡しが行えます。自動でデータを同期するため手間を削減できますが、同期の間隔は一日1回とすることが多いため、参照データにタイムラグが発生することもあります。

データベースと直接連携してメールを配信しているお客様の声

株式会社ノエビアホールディングス様

「当社では、顧客データベースとWEBCAS e-mailのクラウド版を連携させ、ECサイトの会員向けにメールを配信しています。 一般的に、データベースとメール配信クラウドサービスの連携にはバッチプログラムを組む手法が用いられますが、自社でバッチプログラムを組む我々にとってはハードルが高いため、採用しませんでした。なぜかというと、もし処理が失敗した場合にはバッチプログラムのどこがおかしいかを社内で一つひとつ調査して都度修正対応するなど、膨大な手間がかかるためです。当社ではこのリスクを避けるため、データベースと直接連携できるWEBCAS e-mailを導入しました。WEBCASを導入したことで、システム部門の対応業務を最小限に抑えながら、顧客データベースを参照したきめ細やかなメールを一人ひとりに送れるようになりました」