メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

STARTTLS対応

WEBCASメール配信クラウドサービスおよびメール配信エンジンWEBCAS MTAは、情報漏えい防止、セキュリティ対策強化を目的とした、メールの通信を暗号化する「STARTTLS(スタート ティーエルエス)」に対応しています。STARTTLSは、送信メールサーバと受信メールサーバ間の通信を暗号化する方式の一つです。メール配信システムがSTARTTLSに対応していると、メールサーバ間の通信における外部からのハッキングや、メールの盗み見を防ぐことができます。

STARTTLSによる通信暗号化イメージ

STARTTLSによる通信暗号化イメージ

STARTTLSによる通信暗号化イメージ

なおGoogleが提供するメールアプリケーションGmailでは、非暗号化通信で送信されたメールの受信者に対して「安全性が保障されていない」と注意喚起が行われます。STARTTLS通信経由のメールなら、この警告表示は行われません。

GmailでのTLS通信対応/非対応メールの見え方

※ STARTTLSでは、送信メールサーバと受信メールサーバの双方が対応している場合のみ、メールサーバ間の通信が暗号化されます。たとえWEBCAS e-mailがSTARTTLSに対応していても、受信メールサーバが非対応の場合は平文(非暗号化)での通信となります。

WEBCAS e-mailの機能一覧

 

 

WEBCAS e-mailでできること