アンケート・フォーム作成システム

WEBCAS formulator

トップ

アンケートの条件分岐

WEBCAS formulatorでは、ユーザーのアンケート回答内容に応じて、次回以降の設問に回答できるか、できないかを設定できるとともに、完了ページやサンキューメールを分岐させることができます。

1)設問の条件分岐

アンケートの設問を作成する際、前段の回答内容に応じて、「回答できる/できない」の条件を設定できます。回答させない場合は、「入力できないようにグレーアウトする(ユーザの操作対象から外す)」もしくは「設問自体を非表示にする」のどちらかを選択できます。

1)設問の条件分岐

1)設問の条件分岐

<実際のイメージ>

実際のイメージ

実際のイメージ

2)ページ分岐

アンケートの回答内容に応じて、ページを遷移させることができます。個人情報取得への同意を取ったり、Webキャンペーンのクイズ正解者だけに応募ページに進めるようにしたり、男女別Webアンケートをそれぞれ詳細に取ったりなど、アイデア次第で様々な運用が可能です。

2)ページ分岐

2)ページ分岐

※「エキスパートプラン」の機能です。

3)サンキューメールの分岐

アンケートの回答内容に応じて、回答後に自動送信されるサンキューメールの内容を分岐させることができます。特定の方だけにサンキューメールにキャンペーン案内を差し込むなど、アイデア次第で様々な活用が可能です。

3)サンキューメールの分岐

3)サンキューメールの分岐

3)サンキューメールの分岐設定

3)サンキューメールの分岐設定

アンケートの条件分岐機能を活用している、当社お客様の事例

WEBCAS formulatorの条件分岐機能を活用している、お客様の声をご紹介します。

「設問の条件分岐機能を使い、Webアンケート回答時の負担を減らしています」―株式会社三越伊勢丹フードサービス様

「当社が手掛けている食品宅配サービスの会員様向けにWebアンケートを実施するため、WEBCAS formulatorを利用しています。

Webアンケートでは、それぞれの会員様が“自分が次に回答すべき項目”を瞬時に判別できるよう、設問の条件分岐機能を使い、前段の回答結果の回答内容に応じて『回答できる/回答できない』の条件をシステム側で制御する設定をしています。
この設定をすることで、会員様は『自分がこの設問に回答すべきか否か』を直感的に判別できるため、すべての設問を読む必要がなくなります。会員様の回答時の負担を少しでも減らすため、今後もこの機能を活用していこうと思っています」

安井様

安井様

「条件分岐の設定はとても簡単で、すぐに覚えられました」