WEBCASとは

トップ

既存のシステムやデータベースをそのまま活用

WEBCASの大きな特長は、標準で実装されているデータ連携ツールWEBCAS connectorです。この連携ツールにより、既に活用されている様々なデータベースとWEBCASを柔軟につなげることが可能になります。既存のデータベースを有効活用できるので、新規データベース構築にかかるコスト・リソースを大幅に削減することが可能です。スピーディかつ低コストに、データベースをフルに活用したメールを活用したマーケティングシステムを構築することができます。

複数データベースとつなげて、属性に即したメール配信に活用

WEBCAS connectorの連携機能により、WEBCASは基幹DBとの接続はもちろん、ECアプリケーションやSFA、業務システム等、さまざまなシステムとの接続が可能になります。
大規模なデータベース統合なしで、各システムのデータをWEBCASで管理する仕組みと紐付け、顧客データや各システムのデータをフルに活用することができます。

複数データベースとつなげて、属性に即したメール配信に活用

複数データベースとつなげて、属性に即したメール配信に活用

WEBCASシリーズと貴社DBの連携で管理コストを効率化

WEBCAS connectorは、既存の複数データベースとWEBCASシリーズ内の「メール配信システム」「アンケートシステム」「メール共有システム」それぞれとの連携が可能です。
たとえば、メール配信システムで複数のデータベースから配信対象を抽出するのみならず、アンケート結果を参照したメールを配信したり、アンケートシステムで受け付けたアンケート結果や、メルマガ配信希望などの情報を貴社データベースに反映させたり、基幹システムで管理するマスター情報をアンケートに反映させることも可能です。
問い合わせメール共有システムにおいても、問合せメール対応業務中に顧客データベースを確認したり、以前WEBCASで配信したメールをすぐ参照することができます。
なお、一度複数のデータベースと連携すれば、最新の顧客情報はデータベースに集約されますので、二重管理になることなく、効率的に運用できます。

「WEBCAS」シリーズと貴社DBの連携で管理コストを効率化

「WEBCAS」シリーズと貴社DBの連携で管理コストを効率化