WEBCAS なんでも相談コーナー

トップ

Q.現在メールは送っているが、送りっぱなしで分析が出来ていません。そのため、分析ができるようなシステムの導入を検討しています。WEBCAS e-mailはどのような分析機能が標準搭載されていますか。

メール配信

2018年03月13日

メール配信システムWEBCAS e-mailは、1通のメールの配信結果を深堀りして分析できる「個別メール分析」と、ある期間内に送ったメールの効果を多角的に分析できる「複数メール横断分析」の機能を標準搭載しています。

■個別メール分析
開封率(※HTMLメールの場合)やクリック率、コンバージョン率、到達率、エラーメール(リターンメール)率、オプトアウト率、メールの受信端末情報など、様々な切り口で分析できます。

■複数メール横断分析
たとえば「半年間の間で一番開封率が良かったメールはどれか」等がわかる複数メール比較分析や、「前年同期比のコンバージョン率を比べたい」等、2つの期間におけるメールの反響が比較できる2期間比較分析、曜日別/時間別分析、ドメイン/デバイス分析などが行えます。

詳細は、メール配信の効果分析機能のページをご覧ください。

キーワード
  • 集計・分析

WEBCASに関するご相談はお気軽に!

0120-965-082受付時間 10:00~19:00(土日祝除く)