WEBCAS なんでも相談コーナー

トップ

Q.現在、他社メール配信システムとAPI連携してメールを配信しています。通数自体は1回1,000件程度ですが、接続がうまくいっていないのか、配信されないもしくは遅延が多々起こっています。担当者が、夜間バッチが適切に行われているのか毎回チェックしており、非常に手間がかかっています。特に、ぷらら、icloud、outlook系に届かないケースがあり死活問題です。エンドからは3分以内に配信を完結させることを求められているのですが、WEBCASで解決できる可能性はありますでしょうか。

メール配信

2016年11月25日

メール生成から配信までがスムーズにできるかどうかは、テストをしてみないと正確な判断はできませんが、当社エイジアではIPレピュテーション※の高さや15年以上のメール配信ノウハウにより、届きやすさと高速配信には自信を持っております。実際に、無料もしくは数千円の格安メール配信ツールから乗り換えられたお客様からは、「圧倒的にメールが届くようになった」とのお声をいただいています。個別にご提案させていただくためにも、より詳細な情報をお聞かせいただければ幸いです。

※IPレピュテーション
IPレピュテーションとは、簡単にいうと「IPアドレスの評価」のことです。メールの通信会社は、増加するスパムメール対策のひとつとしてIPレピュテーションを用いており、IPレピュテーションの評価が低いIPアドレスからのメールには配信制限をかけています。このため、IPレピュテーションの評価が低ければメールの到達率は低くなり、IPレピュテーションの評価が高ければメールの到達率は高くなります。

キーワード
  • API

WEBCASに関するご相談はお気軽に!

0120-965-082受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)