WEBCAS なんでも相談コーナー

トップ

Q.WEBCAS mailcenterについて。転送中にメールが抜き取られる可能性はないでしょうか。セキュリティ面を心配しています。

メール共有

2015年02月02日

メール共有システムWEBCAS mailcenterで問合せメールを受け付ける場合、問合せメールを貴社メールサーバから転送いただくよう設定します。メールが抜き取られる可能性はゼロとは言えませんが、メールという仕組みを使う以上、転送するしないにかかわらず、盗み見や改ざんのリスクはゼロにはなりません。もしお問い合わせメール受付時の漏洩対策をお考えでしたら、

  • 問合せはメールで受け付けない
  • SSL対応したWebフォームで問合せを受けて、同じ環境にあるメール共有システムで直接管理する

という運用が最もおすすめです。

WEBCAS formulatorで作成したWebフォームはSSLに標準対応していますので、暗号化通信のもと、高いセキュリティを保持しながら問い合わせをデータベースに蓄積することができます。アンケートシステムと同環境にあるメール共有システムWEBCAS mailcenterがこの内容を直接呼出すため、強固なセキュリティ下でお問い合わせを管理することが可能です。

なお、「メール転送」のプロセスをなくしたいなら、メール共有管理システムWEBCAS mailcenterを自社サーバに導入する「パッケージ導入型」がおすすめです。メール受付時の通信は暗号化されませんが、自社メールサーバに届いたお問い合わせメールを、転送することなく直接WEBCAS mailcenterで管理することが可能です。また、パッケージ導入版なら、貴社が希望されるセキュリティを柔軟に実現できるのもメリットです。

セキュリティの高い順に導入形態を並べると、以下になります。

  • WEBCAS mailcenterとWEBCAS formulatorどちらも利用(導入版)
  • WEBCAS mailcenterとWEBCAS formulatorどちらも利用(クラウド版)
  • WEBCAS mailcenter単体利用(導入版)
  • WEBCAS mailcenter単体利用(クラウド版)

ご希望のセキュリティレベル、ご予算、運用規模に応じて最適な運用をご案内いたします。ぜひご相談ください。

キーワード
  • セキュリティ

WEBCASに関するお問い合わせはお気軽に!

0120-965-082受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)