ニュースリリース

トップ

【導入事例】北秋田市、ふるさと納税の使途報告にエイジアのメール配信システムWEBCASを導入 ―ふるさと納税の寄附者向け一斉メール配信で、運用効率アップを実現―

事例インタビュー

マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの開発・販売を中心に、企業や団体のCRM運用支援を行う株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証一部上場:証券コード2352、以下 当社)は、北秋田市様に提供したメール配信システム「WEBCAS e-mail」の導入事例インタビューを本日公開いたしました。

北秋田市様 WEBCAS導入事例

秋田県の北部中央に位置する北秋田市様は、同市にふるさと納税をした寄附者の方々に「寄附金の使途報告メール」を配信するため、当社のメール配信システム「WEBCAS e-mail」を利用されました。

北秋田市様は毎年、「寄附金をどのような事業に使ったか」という使途報告書を市のWebサイトにアップすると同時に、寄附いただいたすべての方に封書で郵送していました。しかし、近年は毎年1,000件を超える寄附が集まっていることから、この郵送業務が負担になっていました。そこで、寄附金の使途報告を郵送からメールに切り替えることで業務効率化を図るため、メール配信システム「WEBCAS e-mail」の利用を決定されました。

以前は、3~4名の職員が約2時間かかりきりで報告書の封入作業を行っていましたが、WEBCAS導入後は職員1名が10~15分程度WEBCASを操作するだけで報告業務が完了するようになり、大幅な業務効率化が実現しました。さらに、寄附者の方からお礼や応援の返信も届くようになり、ご担当者様からは「今後はコミュニケーションツールとしても使っていけたら」とのお声をいただいております。

このたび、北秋田市役所のご担当者様に、WEBCASの導入経緯や選定理由、導入効果などを詳しくお聞きしました。ぜひご覧ください。

北秋田市様 導入システムのご紹介

・メール配信システム「WEBCAS e-mail」
顧客の嗜好や属性、購買履歴などに基づいた最適なメールが、高速(配信速度最高300万通/時)に配信できる One to Oneメール配信システムです。複数データベースや外部システムとの連携、カスタマイズに対応しており、戦略的マーケティング活動を実践する多くの企業に高く評価頂いております。

・マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」シリーズ
エイジア自社開発製品である「WEBCAS」シリーズは、企業がインターネットやメールを介して顧客と有効な関係を築き、効率的・効果的なマーケティング活動を行うためのe-CRMアプリケーションソフトウェアシリーズです。ラインナップには、メール配信、アンケート、メール共有管理、顧客管理、LINEメッセージ配信、SMS配信などのシステムがあります。複数データベース等との連携や柔軟なカスタマイズができるクラウド版のほか、自社環境に導入できるパッケージ版もご用意。EC運営企業、メーカー、生命保険、金融機関、官公庁など、大手企業を中心に4,000社以上の採用実績があります。

北秋田市様について

自治体名 秋田県北秋田市
本庁所在地 秋田県北秋田市花園町19番1号
URL http://www.city.kitaakita.akita.jp/

株式会社エイジアについて

エイジアは、メール配信システムを軸としたマーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの開発・販売をコアビジネスとして、CRM運用環境の整備から、メールコンテンツやWebアンケートのコンサルティング・制作までを手がけるCRM運用支援会社です。

代表者 代表取締役  美濃 和男
所在地 東京都品川区西五反田7-20-9
設立 1995年4月
資本金 3億2,242万円
URL コーポレートサイト https://www.azia.jp/
事業内容 マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」シリーズの開発・販売、メールコンテンツやWebアンケートのコンサルティング・制作、Webサイトおよび企業業務システムの受託開発
上場証券取引所 東証一部(証券コード:2352)
本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エイジア 
経営企画室 
TEL 03-6672-6788
Mail azia_ir@azia.co.jp

最近のニュースリリース