ニュースリリース

トップ

エイジア、乗り換え案内サービス「駅すぱあと」の 株式会社ヴァル研究所と業務提携

製品のお知らせ

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証一部上場:証券コード2352、以下 当社)と、乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田 信夫、以下 ヴァル研究所)は、「駅すぱあと」ユーザー移動予測データのマーケティング活用を目的として、業務提携を行うことで合意いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.背景

当社は、メールを中心とした多様なコミュニケーションチャネルを活用したマーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」シリーズを提供しています。今後は、より多様化・複雑化する顧客のニーズに対応する「クロスチャネル対応マーケティングプラットフォーム」への発展を目指し、システム強化を進めています。

一方ヴァル研究所は、1988年に提供を開始した日本初の公共交通機関の乗り換え案内ソフト「駅すぱあと」の開発・販売を行っています。近年は「駅すぱあと」の膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創・コラボレーションに取り組んでいます。

このたび当社とヴァル研究所は、マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」で“顧客の移動予測データに応じた販売促進活動”を実現するため、業務提携を行い「駅すぱあと」ユーザーの経路検索データと「WEBCAS」の連携の検討を開始することといたしました。

2. 業務提携の概要

本業務提携のもと、両社は、「駅すぱあと」ユーザーの膨大な検索経路情報からリアルな行動パターン(移動予測データ)を抽出し、「WEBCAS」上の顧客情報との連携を図ります。これにより、以下のような販売促進が可能になるものと考えております。

・顧客の移動路線や乗降駅に合わせたイベントや店舗等への誘導メール/LINE配信
・顧客の移動予測時間に合わせた情報発信および販売促進メール/LINE配信

当社およびヴァル研究所は、両社の強みを生かした付加価値の高いマーケティングソリューションの構築を目指し、協力して取り組んでまいります。

3.当事会社の概要

株式会社エイジア

代表者 代表取締役  美濃 和男
所在地 東京都品川区西五反田7-20-9
設立 1995年4月
資本金 3億2,242万円
URL 会社ホームページ https://www.azia.jp/
事業内容 CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズの開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作
上場証券取引所 東証一部(証券コード:2352)

株式会社ヴァル研究所

代表者 代表取締役 太田 信夫
所在地 東京都杉並区高円寺北2-3-17
設立 1976年7月
資本金 4,100万円
URL 会社ホームページ https://www.val.co.jp/
事業内容 「駅すぱあと」をベースとした製品・サービスの開発・販売および管理運営

※記載されている会社名、製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
※仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。

本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エイジア 
経営企画室 
TEL 03-6672-6788
Mail azia_ir@azia.co.jp

最近のニュースリリース

製品のお知らせ2019年06月19日
【導入事例】大阪工業技術専門学校、エイジアのアンケートシステムを導入 ―学生向けの「授業評価アンケート」を紙からWebに移行。 集計時間・コスト共に3分の1になり、回答の質も向上―
製品のお知らせ2019年06月19日
セルフアンケートの品質向上と運用効率化を実現するWebアンケート運用支援サービスをエイジアとマイボイスコムが共同提供 ~Webアンケートシステム提供から設問設計・レポート作成までリーズナブルに実現!~
製品のお知らせ2019年06月05日
eギフトを活用したアンケートキャンペーンを安全に実施できるサービスを、ギフティとエイジアが共同提供 ―アンケート回答直後にeギフトをプレゼント! 回答率を手軽に向上―
製品のお知らせ2018年12月04日
エイジア、インターネットリサーチサービスを提供開始 ―国内最大級のモニター数を誇るネットリサーチパネル「Japan Cloud Panel」と連携し、 モニター収集からアンケート実施までをワンストップで支援―
製品のお知らせ2018年09月26日
エイジア、ディー・ディー・エス、横河レンタ・リースが、マーケティングコミュニケーションシステムの認証強化で協業 ―「WEBCAS」と「EVEシリーズ」を連携、サブスクリプション販売へ―