ニュースリリース

トップ

マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」シリーズの導入企業が4,000社を突破

製品のお知らせ

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証二部上場:証券コード2352、以下 当社)は、自社開発のマーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズ( https://webcas.azia.jp/ )の導入企業が4,000社を突破したことを本日発表いたします。

エイジア自社開発製品である「WEBCAS」シリーズは、企業とお客様の双方向コミュニケーションを、メールをはじめとする多様なチャネルで実現できるマーケティングコミュニケーションプラットフォームです。既存の顧客データや様々なシステムと柔軟につながり、お客様の行動、ライフスタイル、属性などに合わせたコミュニケーションを実現できるのが特徴です。2001年に販売を開始したメール配信システム「WEBCAS e-mail」を筆頭に、マーケティングオートメーション、アンケート・フォーム作成システム、問い合わせメール共有管理システム、顧客管理システム、LINEメッセージ配信システム、SMS配信システム、DM印刷・郵送システムなど、多彩なラインナップを揃えています。

「WEBCAS」シリーズは大手EC運営企業をはじめ、メーカー、生命保険、金融機関、情報サービス会社など様々な業界の企業、官公庁に導入いただき、クライアント様のご要望を製品に反映させてまいりました。その結果、おかげさまで導入企業・団体数がこのほど4,000社を突破いたしました。

当社は今後も「WEBCAS」シリーズの機能拡充やサービス向上を通して、クライアント様の効果的なマーケティング活動を支援してまいります。

株式会社エイジアについて

メールマーケティングシステム「WEBCAS」シリーズの提供をコアビジネスとして、メールマーケティングのコンサルティング・企画制作からウェブサイトの構築・運営・販売促進までをワンストップで支援するインターネット・マーケティング・ソリューションカンパニーです。

代表者 代表取締役  美濃 和男
所在地 東京都品川区西五反田7-20-9
設立 1995年4月
資本金 3億2,242万円
URL 会社ホームページ http://www.azia.jp/
事業内容 CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズの開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、メールコンテンツ・ウェブコンテンツの企画・制作
上場証券取引所 東証二部(証券コード:2352)
本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エイジア 
経営企画室 
TEL 03-6672-6788
Mail azia_ir@azia.jp

最近のニュースリリース