ニュースリリース

トップ

エイジアのメール配信システム「WEBCAS e-mail」、トレジャーデータ社のプライベートDMP「TREASURE DMP」と連携

製品のお知らせ

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証マザーズ上場:証券コード2352、以下 当社)は、日本人が立ち上げたシリコンバレー企業として注目を集める、米国トレジャーデータ社の日本法人・トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三橋 秀行、以下 トレジャーデータ)の新製品「TREASURE DMP(トレジャーディーエムピー)」と、当社自社開発のメール配信システム「WEBCAS e-mail(ウェブキャス イーメール)」が連携したことを本日発表いたします。

1. トレジャーデータ社「TREASURE DMP」およびメール配信システム「WEBCAS e-mail」の連携について

当社主力製品である「WEBCAS e-mail」は、毎時300万通の高速配信を実現するメール配信システムです。企業が保有する複数のデータベースとの連携機能や、カスタマイズが柔軟に実現することなどに評価を頂き、大手通販事業者を中心に導入いただいております。近年は、顧客の詳細な行動データ分析に基づいたメールマーケティングへの要望が高まっていることから、ユーザ行動履歴の分析・抽出を高いレベルで実現する他社マーケティングシステムとの連携に注力しています。

今般「WEBCAS e-mail」が連携する「TREASURE DMP」は、トレジャーデータ株式会社が2016年4月より提供を開始した、Webやモバイルアプリ、デジタル広告などのログデータを収集・分析、そして多くのマーケティングツールやソリューションと連携するプライベートDMPです。
今生活者は、企業と多様なタッチポイントを介してコミュニケーションをし、購買行動を起こしています。トレジャーデータは、多くの企業が「部門ごと、チャネルごとにデータを収集し、分析し、コミュニケーションをとっている」ことに着目し、多様なデータを横串で統合し、ワンストップで分析・実行が行える「TREASURE DMP」を提供することにしました。「TREASURE DMP」は、同社が従来から提供しているクラウド型データマネジメントサービス「トレジャーデータサービス」をもとに、以下3つの機能を提供します。

  • リアル行動モニタリングを容易にするデータ収集
    様々なチャネルにおけるログデータ、例えばデジタル広告配信ログ、Webサイトの閲覧履歴、サーバログ、モバイルアプリ利用ログ、CRM、マーケティングオートメーションのデータや、入店履歴に代表されるビーコンなどのセンサーデータ、購買データなどを、自社が提供するログ収集基盤だけでなく、他社が提供するソリューションからも簡単に収集します。

  • マーケティング施策と連携した実行と検証
    ユーザの広告接触、行動ログなど累積した生データをもとに、ユーザ企業特有のセグメントをSQLベースで機動的に作成し、広告配信、メール配信、プッシュ通知に至るまで様々なマーケティング施策をワンストップで実現します。施策の結果は再度プライベートDMP に格納することで効果検証をしやすくし、すぐに改善することが可能になります。

  • 誰もが利用しやすいデータマーケットプレイスと連携した多様な分析
    統計データや天気など、誰もが使う一般的なサードパーティデータをあらかじめ用意しているので、それらデータを簡単に自社データと統合し、分析することが可能になります。さらに最適なタイミング、チャネルを割り出し、メールやWeb サイトの最適化や、アドネットワークへの出稿へと連動させることができます。

トレジャーデータは、「TREASURE DMP」と連携する各分野のソリューションを検討しておりましたが、大手企業への豊富な導入実績、配信性能、データ連携のしやすさなどを評価し、連携先メール配信システムの一つとして当社メール配信システム「WEBCAS e-mail」を採用しています。

TREASURE DMPソリューションパートナー

TREASURE DMPソリューションパートナー

当社は今後も、先進的なデジタルマーケティングを実現する各種ソリューションとの連携と、ユーザニーズを的確にとらえたメール制作サービスを推進し、クライアント企業のマーケティングコミュニケーションの成功を支援してまいります。

【注釈】
※プライベートDMP(Private Data Management Platform) 企業が自社で保有するデータを、外部の膨大かつ有効なデータと統合して分析することで、自社にとってのユーザデータの意味付けや価値付けを行い、精度の高いマーケティング活動を行うためのデータマネジメント・プラットフォーム。

2. 関連製品Webサイト

エイジア製品
・メール配信システム「WEBCAS e-mail」
→ https://webcas.azia.jp/email/
・e-CRMシステム「WEBCAS」シリーズ
→ https://webcas.azia.jp/

トレジャーデータ製品
→ https://www.treasuredata.com/jp/

3. 当事会社の概要

株式会社エイジアについて

e-CRMマーケティングシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの提供をコアビジネスとして、インターネットビジネスの戦略からウェブサイトの構築・運営・販売促進までをワンストップで支援する、インターネット・マーケティング・ソリューションカンパニーです。

主な事業内容 CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズの開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作
所在地 東京都品川区西五反田7-20-9
代表者 代表取締役  美濃 和男
設立 1995年4月
資本金 3億2,242万円
上場証券取引所 東証マザーズ(証券コード:2352)
URL http://www.azia.jp/

トレジャーデータ株式会社について

2011年12月、米国シリコンバレーに設立された米国トレジャーデータ社は、ビッグデータのプラットフォームの提供を専門としています。大容量の購買取引データやWeb閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータ等、様々な非構造化データに対応して、ビッグデータを一定の月額課金で収集・保管・分析するクラウド型データマネジメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」を提供しています。さらに、センサーデータやマシンデータ等、IoT分野におけるビッグデータへの対応も強化しています。日本では、2012年11月に国内の事業開発および技術開発の拠点としてトレジャーデータ株式会社を設立、また、2015年1月にソウル支社を開設、アジア太平洋市場における本格的な事業展開を開始しています。

代表者 代表取締役社長 三橋 秀行
URL https://www.treasuredata.com/jp/
 
本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エイジア 
経営企画室 
TEL 03-6672-6788
Mail azia_ir@azia.jp

最近のニュースリリース