ニュースリリース

トップ

エイジア、ギンザのサヱグサのメール配信システム導入事例をWEBサイトに公開―訴求力のあるHTMLメール配信がWEBCASの導入で実現―

事例インタビュー

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、以下 当社)は、子供服の企画・販売を行う株式会社ギンザのサヱグサ(本社:東京都中央区、代表者:三枝 亮、以下 ギンザのサヱグサ)様に提供した、メール配信システム「WEBCAS e-mail」の導入事例インタビューを公開いたしました。来年創業145年目を迎える同社は、お客様とのつながりをより深めるため、WEBCASで訴求力の高いHTMLメールを配信されています。

ギンザのサヱグサ様  「WEBCAS e-mail」導入事例について

ギンザのサヱグサ様は、明治2年創業、来年で創業145周年を迎える子供服の販売会社です。
同社はこれまで、PCインストール型のメール配信ソフトで会員向けにメルマガを配信していましたが、HTMLメールを作成する機能がなかったことから、2013年7月にメール配信システム「WEBCAS e-mail」および、スマホ・PC自動最適化HTMLメール作成ツール「SMO for WEBCAS」を導入されました。HTMLメールの配信が実現したことで、店舗の様子や同社が取り組むCSR活動、オンラインストアの商品紹介などを、視覚的にわかりやすくお届けできるようになっています。

WEBCAS導入・運用のご担当者様に、システムの導入経緯や活用方法に加え、「メルマガの役割」についてお話を伺いました。ぜひご覧ください。

ギンザのサヱグサ様 導入システムのご紹介

スマホ・PC自動最適化HTMLメール作成ツール「SMO for WEBCAS」

スマートフォンやPCなど、ユーザがメールを開くデバイスに合わせて、HTMLメール画像を自動で切り替え表示できるHTMLメール作成ツールです。操作にはコーディングやデザインの知識は不要で、誰でも簡単にHTMLメールを作成できます。

メール配信システム「WEBCAS e-mail」

スマートフォンやPCなど、ユーザがメールを開くデバイスに合わせて、HTMLメール画像を自動で切り替え表示できるHTMLメール作成ツールです。操作にはコーディングやデザインの知識は不要で、誰でも簡単にHTMLメールを作成できます。

e-CRMシステム「WEBCAS」シリーズについて

当社自社開発製品である「WEBCAS」シリーズは、企業がインターネットやメールを介して顧客と有効な関係を築き、効率的・効果的なマーケティング活動を行うためのe-CRMアプリケーションソフトウェアシリーズです。複数のデータベース等との連携やカスタマイズなど、柔軟な対応を実現するクラウド版サービスをはじめ、プライベートクラウド対応可能なパッケージ導入版など、さまざまな提供形式をご用意。EC運営企業、メーカー、生命保険、金融機関、官公庁など、大手企業を中心に1,600社以上 の採用実績があります。ラインナップにはメール配信システム、アンケートシステム、メール共有管理システムを有し、それぞれがシームレスに連携し効率的・効果的な運用を実現します。

株式会社ギンザのサヱグサについて

主な事業内容  オリジナル商品の企画・製造・小売、子ども服の輸入・小売・卸売
所在地 東京都中央区銀座3-5-12
代表者 三枝 亮
設立 1869年2月
資本の額 2,000万円
URL http://www.sayegusa.com/
http://sayegusa-webstore.com/ (Web store)

株式会社エイジアについて

e-CRMマーケティングシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの提供をコアビジネスとして、インターネットビジネスの戦略からウェブサイトの構築・運営・販売促進までをワンストップで支援する、インターネット・マーケティング・ソリューションカンパニーです。

主な事業内容 CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズの開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作
所在地 東京都品川区西五反田7-21-1
代表者 代表取締役  美濃 和男
設立 1995年4月
資本の額 3億2,242万円
上場証券取引所 東証マザーズ(証券コード:2352)
URL http://www.azia.jp/
本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エイジア 
経営企画室 
TEL 03-6672-6788
Mail azia_ir@azia.jp

最近のニュースリリース