ニュースリリース

トップ

セゾン自動車火災保険、「おとなの自動車保険」のメールフォローアップシステムとしてエイジアのメール配信システム「WEBCAS e-mail」を導入 ―通販型自動車保険の運用に不可欠なフォローメール体制の構築で事務コスト大幅削減―

事例インタビュー

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、社長:美濃 和男、東証マザーズ上場:証券コード2352、以下 当社)は、このたび、セゾン自動車火災保険株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:望月 純、以下 セゾン自動車火災保険)様にメール配信システムを提供し、その導入事例インタビューを自社サイトに公開いたしました。同社には新しい通販型自動車保険「おとなの自動車保険」のメールフォローアップの仕組みとしてご活用いただいております。

セゾン自動車火災保険様のメール配信システム「WEBCAS e-mail」導入について

セゾン自動車火災保険様は、2011年1月に、40~50代の“大人”をターゲットにした新しい通販型自動車保険「おとなの自動車保険」の各種ご案内や、お見積り後の新規見込み客へのフォローアップのメールを自動配信する仕組みとして、当社メール配信システム「WEBCAS e-mail」のクラウド(SaaS)版を導入いただきました。これにより同社には、従来コールセンターで行っていた電話フォロー等の事務コストの大幅削減を実現されています。 導入にあたっては、複数データベースを切り分けた運用がカスタマイズなしで実現できる点に評価をいただき、他社システムと比較検討された結果、当社メール配信システムを選定頂きました。

今回は、同社メール配信システムの導入・運用ご担当者様に、「WEBCAS」導入の経緯や、ご採用の決め手、ご活用内容、導入効果などについて、詳細にお話を伺いました。ぜひご覧ください。

メール配信システム「WEBCAS e-mail」クラウド(SaaS)版について

顧客の嗜好や属性、購買履歴などに基づいた最適なメールが配信できる One to Oneメール配信システムです。毎時300万通という業界最速レベルのメール生成性能や高度なマーケティング分析機能、他システムとの柔軟な連携機能を備え、戦略的メールマーケティング活動を実践する多くの企業に高く評価されております。そのクラウド版となる「WEBCASクラウド メール配信SaaS」は、大規模配信における低コスト運用や、柔軟なカスタマイズが可能です。特に数万件~数百万件の会員リスト数を抱え、『増大するメール配信コスト』や『メール配信環境の運用管理コスト』にお悩みをお持ちの企業様に喜ばれております。

セゾン自動車火災保険株式会社の概要

 

事業概要 損害保険事業
設立 1982年9月
本店所在地 東京都豊島区東池袋3丁目1番1号 サンシャイン60 40階
代表者 代表取締役社長 望月 純
資本の額 86億1,000万円
主要株主 株式会社損害保険ジャパン、株式会社クレディセゾン
URL http://www.ins-saison.co.jp/

株式会社エイジアの概要

e-CRMマーケティングシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズ(http://webcas.azia.jp/cloud/)の提供をコアビジネスとして、インターネットビジネスの戦略からウェブサイトの構築・運営・販売促進までをワンストップで支援する、インターネット・マーケティング・ソリューションカンパニー。

設立 1995年4月
本社所在地 東京都品川区西五反田7-21-1 第5TOCビル9階
代表者 代表取締役 美濃 和男
上場証券取引所 東証マザーズ(証券コード:2352)
資本の額 322百万円
URL http://www.azia.jp/

最近のニュースリリース