メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

メール本文に挿入したURLをどのユーザーがクリックしたか集計できますか?

はい、可能です。WEBCASはメール本文中のURLをユーザー個別の特殊なURLに変換し、ユーザーがクリックした時、レスポンス情報として取得し蓄積しています。この情報は集計結果を画面上で確認でき、PDF形式で出力することもできます。「どのユーザーがどのURLをクリックしたか」は、CSVデータでダウンロードして詳細に確認・分析いただけます。詳細は、URLリンク自動抽出機能のページをご覧ください。

またレスポンスの無いユーザーには、 「メール再送機能」により、メールで再度アプローチするなど、次のメール施策に活かすこともできます。