メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

エラーメール自動処理

WEBCAS e-mailはエラーメールを要因別にカウントし、恒久的なエラーとなるメールアドレスに対して自動で配信停止処理を行います。

エラーメールを要因別にカウントし、恒久的なエラーとなるメールアドレスは、自動で配信停止処理を行うことができます。

エラーメールを要因別にカウントし、恒久的なエラーとなるメールアドレスは、自動で配信停止処理を行うことができます。

エラーメール自動処理を活用している、当社お客様の事例

WEBCAS e-mailのエラーメール自動処理を活用している、お客様の声をご紹介します。

「煩雑なエラーメール管理作業から解放されました」―三和シヤッター工業株式会社様

「WEBCASは『メールアドレスが存在しない』などの恒久的なエラーであるアドレスに対しては、自動で配信停止処理を行ってくれるのでとても助かります。WEBCAS導入後は、当社がこれまで行っていたエラー要因の突き合わせ作業や、メルマガ配信リストのクリーニング作業が不要になりました。

また、WEBCASに切り替えてからはメールの到達率自体が向上し、エラーメールの数自体も減少しました。」

「『このアドレスにはなぜ届かなかったのか』が配信ログで確認できるのも良いですね。」

WEBCAS e-mailの機能一覧  


WEBCAS e-mailでできること