導入事例

トップ

紙のアンケート集計作業が大幅に軽減、春闘の結果報告メール配信も高速に!

KDDI労働組合様

集計業務の工数大幅削減により、組合員意識調査・職場環境調査等、様々なアンケート企画の実現が容易に。メール発信作業も圧倒的に効率化

  • メール配信
  • アンケート
  • その他業種
  • その他業務

KDDI労働組合様 メール配信システム・アンケートシステム導入の経緯について

KDDI労働組合様は、以前より、全国の組合員約6500名向けに紙を使ってアンケートを実施されていました。全国の組合支部と連携してアンケート用紙の配布・収集を行い、本部で集計作業を行うという運用でしたが、集計作業に3~4ヶ月の期間を要するなど膨大な時間・工数がかかるため、重要度が比較的低いアンケートは実施が難しい状況でした。

また同時に、組合員向けにイベント・福利厚生情報をメールで配信されていましたが、配信時間が大幅にかかり、春闘の結果報告などリアルタイム性が求められるメール配信が思うように行えないという課題を抱えられていました。

メール配信「WEBCAS e-mail」・アンケート「WEBCAS formulator」導入の理由

上記課題を解決するために、KDDI労働組合様はスピーディにアンケートが実施できるWEBアンケートと、高速にメールが配信できるシステムの導入検討を開始。以下の点を評価いただき、当社のメール配信システム「WEBCAS e-mail」とアンケートシステム「WEBCAS formulator」のASP版をご採用いただきました。

「WEBCAS」シリーズご採用の理由

  • 万全なセキュリティを保持していること(アンケートは秘匿性の高い内容となるため)
  • 組合員限定アンケート(クローズドアンケート)の実施が可能なこと
  • 回答率の向上が見込めること(システム内でアンケート回答と個人の紐付けができるので、ユーザーは個人情報を入力する必要はなく、煩わしさが軽減されるため)
  • メール配信が高速に、安全に行えること
  • WEBアンケートのデザイン設定の自由度が高いこと
  • メール配信とアンケート機能が連携しており、使い勝手が良いこと
  • 低コストでの運用が可能となること

メール配信システムおよびアンケートシステムの導入効果について

今回の「WEBCAS」シリーズの導入によって、集計業務の工数を大幅削減したことにより、組合員意識調査や職場環境調査、各種社内取り組みの運用状況調査等、様々なアンケート企画を容易に実現することが可能となりました。またアンケート未回答の組合員を抽出してリマインドメール配信を行えるため、簡単にアンケート回答率を上げられるようになりました。

さらにメール配信の高速化が実現したことで、配信状況の管理の負担も軽減したほか、タイムリーなお知らせもリアルタイムに提供できるようになりました。新たにメールへの反応もわかるようになり、組合員との双方向のコミュニケーションをより円滑に行える環境が整いました。

今後KDDI労働組合様では、「WEBCAS」シリーズを活用して、より積極的なアンケート調査や、メールを活用したスムーズな情報発信を積極的に行っていく方針です。

当社は今後も、ステークホルダーとの双方向コミュニケーションを推進するプラットホームとして、各企業・省庁・自治体様等に「WEBCAS」シリーズをご提供していくとともに、サービスの充実を積極的に推進してまいります。

KDDI労働組合様のお悩みはコレで解決!

ユーザ企業様プロフィール

結成 2000年11月
中央本部所在地 東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー
中央執行委員長 上口 洋典
組合員数 6500名
URL http://www.kddiwu.jp
【ご注意】
  • ※本記事に関するお問い合わせは株式会社エイジアまでお願いいたします。ユーザー企業様へのお問い合わせはご遠慮ください。
  • ※本記事は、当社製品・サービスの理解を深めていただくために公開しています。本来の目的以外の用途で利用することはできません。
  • ※本サイトに掲載されているコンテンツ(記事、画像、イラスト等)は株式会社エイジアの承諾なしに無断転載することはできません。
  • ※会社名、ロゴ、商品・サービスの名称などは各社の商標または登録商標です。