導入事例

トップ

フルフィルメント業務の顧客サポートメール配信で活用

株式会社コムテック

株式会社コムテック様

6年間安定稼動。工数削減の効果は評価しています。さらに「WEBCAS」の機能のおかげで、当社のメール関連業務が拡大しました

「6年間安定稼働。工数削減の効果を評価しています。さらにWEBCASの機能のおかげで、当社のメール関連業務が拡大しました。」

  • フルフィルメントサービス事業部諏訪 光則様
  • フルフィルメントサービス事業部木村 大輔様
  • メール配信
  • アンケート
  • サービス業
  • 顧客サポート

コムテック様は、ITサービス、マーケティングサポートサービス、データマネジメントサービスの3つの柱を中核に据え、業務のアウトソーシング化の総合企業として事業を展開しています。
今回は、フルフィルメントサービス事業部の諏訪光則様と木村大輔様に、メール配信システムWEBCAS e-mailの使用感についてお話を伺いました。

使用の場面は主に3つ

ーコムテック様のフルフィルメントサービスについて教えてください。

フルフィルメントとは、ECショップでの商品のオーダーから発送まで、その流れの中で発生する処理業務全般を請け負うことをいいます。当事業部は、IT商品のフルフィルメントを担当しています。

ーコムテック様ではメール配信システムWEBCAS e-mailをどのように活用していますか。

2003年ごろに導入して以来、コムテックではWEBCAS e-mailを次の3つの用途で使用しています。 第一は、事務系メールの配信です。入金確認、未入金の顧客への確認、登録変更時の確認メールなど、顧客管理の用途で使用しています。

第二に、アンケートメールの配信に使用しています。顧客満足度などを把握するための用途です。

第三に、ソフトウエア・ライセンスの更新案内メールに使用しています。これがもっとも多い用途となります。

WEBCAS e-mail への評価

ー メール配信システムWEBCAS e-mailを6年間ほど使った評価をお聞かせください。

コムテックでは、メール配信システムWEBCAS e-mailが4つの点で優れていると考えています。『操作性』『安定性』 『柔軟性』 『多機能性』 の4つです。

ー順にお聞きします。まずは『操作性』についてお聞かせください。

「WEBCAS e-mail 」は最初に操作のコツさえ掴んでしまえば、あとは淡々と作業ができるので重宝しています。
メールの配信業務を担当しているアルバイトとパートの皆さんも、スムーズに使用できています。操作の習得に時間がかからない点は、高く評価できます。

ー 『安定性』については。

これまで約6年の間、大量のメールを配信してきましたが、さばき切れなかったことは一度もありませんし、配信に遅延が起きたこともありません。
複雑な要件をもとに組み上げたスケジュールに沿って、正確・的確にメール配信ができる「WEBCAS e-mail 」は評価に値します。

ー『柔軟性』とは、具体的には。

WEBCAS e-mailでは、配信メールの内容を何層かに区切って、それぞれの層ごとに情報を配置できます。その組み合わせの変更が自由で、しかも簡単に行えます。 WEBCAS e-mail独特のこの仕組みが、ライセンス更新の案内メールでは役立っています。

ライセンス更新のタイミングは、ソフトウエアの買い増しや、乗り換えのきっかけになるので、販促の意味合いが強いメール配信となります。しかし、顧客によってニーズが異なりますから、そのニーズごとにメールの内容を変更できれば効果的です。

「WEBCAS e-mail」は、ヘッダー・フッターの情報はどのメールでも固定させたまま、条件ごとにメールの内容だけを自動的に振り分けることができます。この振り 分け業務は、もし手作業でやろうとすると大量の手数がかかってしまいます。「WEBCAS e-mail」の使用によって、工数の大幅削減が実現できました。

ー最後に、『多機能性』とは、具体的に何を指しているのでしょうか。

実は、WEBCASを導入していたおかげで、業務の範囲を拡張していけました。

クライアント様から、「こんなことはできないの?」と聞かれる、それでWEBCASのヘルプを詳しく見てみると、要望に対応した機能がある。たとえばそうやって始まったのが、先ほど申し上げた、ライセンス更新のご案内メールでした。

もともとは顧客管理用の事務系メールにしか使用していなかったのですが、徐々に使用法に幅が出ていきました。どんどん仕事が横へ広がっていったイメージです。

アンケート業務も同様です。これも、もともとはなかった業務でした。

アンケートメールを出して、その結果を踏まえてもう一度、精度の高いメールを出します。顧客のニーズを先回りした配信スケジュールを組んで、メールを出すのです。すると商品の更新率が上がりましたし、顧客満足度も向上しました。

きめ細やかなメール配信ができるようになったおかげで、コールセンターへの問い合わせが減少しました。非常に良いサイクルができあがっています。

WEBCASの機能が主導となり、業務が拡大した実績があります

WEBCASの機能が主導となり、業務が拡大した実績があります

WEBCASの機能が主導となり、業務が拡大した実績があります

これからの展望

ー今後の展望について教えてください。

ソフトウエアのライセンス証を、メールで配信しようという話が持ち上がっています。これまでは郵便で送っていたライセンス証ですが、メールに会員番号を載せることで、その情報自体をライセンス証としてしまおうという構想です。

構想の実現のためにはまだまだ詳細を詰めなければなりませんが、郵送のコストや手元へ届くまでのタイムラグを考えるならば、おおむねその方向に進んでいくと考えられます。
実装時には、セキュリティ面でも信頼性の高いWEBCAS e-mailをぜひ活用したいと考えています。

WEBCASにはまだまだ利用法がありそうなので、もっと使い込んでみたいですね。また業務の幅が拡がっていくかもしれません。

ー本日は、貴重はお話をお聞かせいただきまして、どうもありがとうございました。

コムテック様のお悩みはコレで解決!

単一顧客の複数ニーズごとに情報を盛り分けるきめ細やかなメール配信を実現したい!

メール配信システム
WEBCAS e-mail

PC・モバイル対応、毎時300万通の高速配信ができるOne to One メール配信システム

ユーザ企業様プロフィール

商号 コムテック株式会社

設立年月日

1976年11月

資本金

7億6,272万円

従業員数

1747人(平成20年3月31日現在)

上場証券取引所

JASDAQ証券取引所

URL

http://www.ct-net.co.jp/

事業内容

ITサービス、マーケティングサポートサービス、データマネジメントサービス

 

【ご注意】
  • ※本記事に関するお問い合わせは株式会社エイジアまでお願いいたします。ユーザー企業様へのお問い合わせはご遠慮ください。
  • ※本記事は、当社製品・サービスの理解を深めていただくために公開しています。本来の目的以外の用途で利用することはできません。
  • ※本サイトに掲載されているコンテンツ(記事、画像、イラスト等)は株式会社エイジアの承諾なしに無断転載することはできません。
  • ※会社名、ロゴ、商品・サービスの名称などは各社の商標または登録商標です。