導入事例

トップ

広告代理店ならではのWebアンケート、メール配信ツールの使い方と選び方

株式会社新東通信

株式会社新東通信様

「信頼性を求められるキャンペーンやWebリサーチ、データベースと連動したメールフォローにWEBCASを使っています。」

  • インタラクティブ・コミュニケーショングループ
    ITパートナー
    高橋 正木様
  • メール配信
  • アンケート
  • サービス業
  • キャンペーン

広告代理店の株式会社新東通信様(以下新東通信)は、WEBCASのアンケートASPやメール配信ASPを活用し、クライアント企業のマーケティング活動を支援しています。インタラクティブ・コミュニケーショングループ 高橋 正木様に、WEBCASを活用した施策や、広告代理店と言う立場でWEBCASを選定した理由等について詳しくお聞きしました。

【新東通信について】 2012年で40周年を迎える広告代理店。名古屋、東京に本社。大手広告代理店がメディアの枠を売る事業が約6~7割であるのに対し、同社のメディア系売上は約5割と、売上の半分をメディア以外の企画制作など“現場力”で売上をあげる。売上高160億円、社員数210名(2011年8月末現在)。高橋様が所属するインタラクティブ・コミュニケーショングループは、Web領域におけるメディアを含めたプロジェクトプランニングから、制作、実施、検証、レポートまでトータルに支援している。

目次
  • WEBCASをどのように使っているか
    -マルコメ様「液みそ」アンケートで3,000件のアンケートを収集し、新しい用途提案に成功
  • レスポンスを獲得するためのアプローチ
  • 広告代理店としてWEBCASを選定するのはどんな時か
  • WEBCASを利用しての評価
  • 今後の展望

WEBCASをどのように使っているか

ー新東通信様はWEBCASをどのようにお使いですか。

我々がクライアントから受託した、ネット上で展開するキャンペーン、Webアンケートのプロジェクトの制作・運用ツールとして、アンケートシステムWEBCAS formulatorを利用しています。また、顧客データベースと連携出来るメルマガ配信システムへの要望が合った際、WEBCAS e-mailを提案しています。2009年から、複数の案件でWEBCASを利用しています。

マルコメ様の液みそアンケートで3,000件のサンプル獲得。新しい用途提案に成功

ーでは、新東通信様が広告代理店という立場でWEBCASを使ったプロジェクトについて具体的にお聞かせください。

一例として、当社クライアントであるマルコメ株式会社(以下 マルコメ)様の「液みそアンケートプロジェクト」をご紹介します。

液みそは、マルコメ様が提供する液タイプのお味噌で、サッと溶ける利便性が特徴です。当社は2009年の発売当初、このWebプロモーションを担当していましたが、液みそ売上100万本突破のタイミングで「液みそアンケートプロジェクト」を提案しました。

「液みそアンケートプロジェクト」は、“液みその新たな活用シーンの紹介”を目的にした企画です。液みそは、朝忙しい時間に使うことを想定し、開発されヒットしたのですが、我々は「液みそのお客様は、メーカーの考えとはちがう活用方法や、使って便利なシーンをもっと知っているのではないか」と考えました。そこで、液みそのお客様にWebアンケートを実施して、結果をうまくプロモーションに活用していこうと考えました。WEBCAS上で実施したアンケート回答結果をベースに、プロモーションコンテンツを制作、Web上で公開し、商品の認知度向上、需要喚起、利用促進を図りました。

またWebアンケートに加えて、レシピの募集も行いました。「朝」「スイーツ」「ご当地グルメ」など、5つのカテゴリの液みそオリジナルレシピを募集。投稿いただいた沢山のレシピをWeb上でご紹介しました。
このコンテンツの最後には、お客様の声をもとに誕生した液みそ新商品を紹介して、プロモーションにつなげています。

マルコメ様の液みそアンケートで3,000件のサンプル獲得。新しい用途提案に成功

マルコメ様の液みそアンケートで3,000件のサンプル獲得。新しい用途提案に成功

ーモニターは十分な数集まりましたか。

3,000名のモニターが集まりました。回答いただいた方には、抽選で200名に液みそプレゼント、というインセンティブを設け、十分なサンプル数を確保できました。
クライアントのご担当者様には、お客様の生の声を反映させた有意義なプロモーションコンテンツができたことに加え、Webアンケートの回答結果自体、大変興味深いと喜んで頂きました。メーカー担当者様は、普段ユーザーと触れる機会が少ないので、その意味でもよかったのではないかと思います。

ーアンケート質問項目の作成などは貴社で行ったのですか。

はい。基本的にWebアンケートで必要な業務・調整は当社が主体で行っています。Webアンケートの質問項目設計に関しては、まずWebアンケートの目的ははっきりしているか、その目的から逆算して組み立て「何のデータが必要か」を考えることが重要です。そうすれば、何をどのような順番で聞けばよいかが導き出せます。

ークライアントにはどのように企画提案するのでしょうか。

まずクライアントに提案する前のヒアリングで、アンケートの目的などをしっかり伺います。そこからどのような方をターゲットにするか、メディアをどこにするか、モニターに対して何を聞いて、回答結果をどう活用するか、を組み立てます。提案時には、目標サンプル数や1サンプル当たりの獲得コストまで、徹底的にシミュレーションして提示しています。

レスポンスを獲得するためのアプローチ

ー事前にサンプル数を予測できると、クライアント様は判断しやすそうですね。このようなシミュレーションが出来るのはなぜですか。

当社はここ4~5年の間、通販業界のクライアントが増えており、レスポンスの獲得を目的としたマーケティング施策を数多く支援してきました。レスポンスとは、施策の目標となる反響数のことで、今回のようなアンケート施策なら「サンプル獲得件数」、キャンペーンなら「応募数」「サンプル申込者数」などを言います。通販業界は特に、クライアントが満足のいくレスポンスを獲得できなければ、我々広告代理店はすぐ契約を切られてしまう。厳しい世界です。
当社はこの通販業界で数々の案件をこなし、実績を積み上げてきましたので、その実績データを活用して「どの媒体にどう出せば、想定したレスポンスが何件得られるか」を予測し、シミュレーションしています。

ー貴社が結果を出す(レスポンスを獲得する)ために重視していることは何でしょうか。

我々は「予実差」を重視しています。「予実差」とは、予定を立てて、実績はどうだったか、差異はどうだったか、という、数字ベースで成果を検証する取組みです。どの企業でもやることですが、私たちは「予実差」を分析し、課題を見つけ、徹底的に改善サイクルを回しています。

WEBCASを選定するのはどんな時か

ーでは、WEBCASを最初に扱っていただいた時のお話を伺いたいと思います。新東通信様はどのような案件をきっかけにWEBCASを使いはじめたのですか。

最初にWEBCASを採用したのは、某クライアントのメールマガジン配信システムを導入した時です。同社はファンクラブを運営していたのですが、当時は会員数が少なかったため専用のメール配信システムは使っていませんでした。当社はその案件においてオフィシャルサイトのリニューアルを担当したのですが、その際Web上で会員登録窓口を設置し、その会員データベースと連動したメールマガジン配信システムを導入することにしました。ファンクラブのメルマガなので、誕生日のお祝いメール配信など、きめ細かいコミュニケーションを行いたかったため、WEBCASを選定しました。

ー貴社は全ての案件でWEBCASを選ばれているわけではないと思います。どのような場合にWEBCASを提案するのでしょうか。

我々は以下の場合、クライアントにWEBCASを提案しています。

・データベースと連動させたメールコミュニケーションを行う場合

単純なメールの一斉配信でよければ、WEBCASよりも安い配信システムがいくらでもあります。WEBCASを選択するのは、過去の実績に基づいたアプローチを継続的に行ったり、属性や行動履歴等を参照したメールを配信したりする場合などです。データベースとの連動性に優れたWEBCASなら、きめ細かいコミュニケーションに向いているからです。一度データベースを連動させた環境を構築してしまえば、将来的に様々なメールマーケティング企画を立ち上げるのも容易ですので、その意味合いもあります。

・クライアントのサポート、実績、会社規模などの要求事項が高い場合

アンケートシステムもメール配信システムも、個人情報を扱うシステムなので、クライアントの安全面・安心面での要求水準が高い場合、WEBCASをお薦めします。特に、代理店の立場から言わせていただくと、緊急時のサポートは大事です。WEBCASは大手企業の実績も多くサポートも充実しています。またエイジアさんは上場していますし、ある程度の会社規模が求められる場合にも問題ありません。 逆に、予算が限られる場合は、安価なASPサービスを使うこともありますが、その場合は、クライアントに「サービス面、サポート面、会社としての信頼性等が価格相応になる」と説明しています。

データベースと連動したきめ細かいコミュニケーションを行う場合にWEBCASを利用します

データベースと連動したきめ細かいコミュニケーションを行う場合にWEBCASを利用します

データベースと連動したきめ細かいコミュニケーションを行う場合にWEBCASを利用します

WEBCASへの評価

ーWEBCASを3年以上利用しての評価をいただけますか。

はい。大きく分けて「ユーザビリティがよく、短納期でも無理なく運用できる」こと、「アンケートシステムの高機能版はECと連携したWebアンケートに向いている」ことの二つです。それぞれ説明します。

・ユーザビリティが良く、短納期でも無理なく運用できる
これまでWEBCASでいくつものWebフォームやアンケートを作ってきましたが、WEBCASはユーザビリティ面がよく、短い制作期間でも運用できるところがいいと思います。 当社はお客様にシステムを提案する際、ほとんどスクラッチで作ることはせず、ASPサービスを利用しています。多くのASPを試してきましたが、中には使い勝手が悪いものもあります。その点、WEBCASなら簡単にフォームを作れるので、制作時間の予測が立てやすい。我々が使い慣れていることもあるかもしれませんが、スピード感をもって構築できるので、クライアントからはよく「もう準備できたのか」と驚かれます。

・アンケートシステムの高機能版は、ECと連携したWebアンケートに向いている
WEBCASのアンケートシステムには高機能版がありますが、こちらは以前のバージョンに比べて用途が広がりましたね。
高機能版は多少複雑な分岐アンケートや、マトリクスアンケートができるので、特にECのアンケートで使う場合に向いています。ECで行うWebアンケートでは、ある程度回答を予想して、それに合わせて設問など分岐させることが多いので、分岐の機能が役立っています。

今後の展望

ーそれでは、今後の展望についてお聞かせ下さい。

私はよく、エイジアの担当者さんと「クライアントをトータルで支援したい」と話しています。理由は二つあります。一つは、「プロモーション企画」、「集客」、「CRM」と領域を区切り、クライアントがそれぞれ別会社に外注していたら、業者間の調整が非常に大変になってしまうこと。もう一つは、施策はそれぞれ密接に関わっているのだから、「それぞれの施策を統合して設計することで、効果を最大化できる」と考えるからです。

「 それぞれの施策を統合して設計することで、効果を最大化できる 」ことについて詳しくお話します。 よく私は、クライアントから「メディアを使ってプロモーションしたい」とご相談いただいたとき、「CRMの準備ができていなければ、意味がないのではないか」と申し上げています。メディア広告からプロモーションを行っただけでは「プロモーションして終わり」ということになってしまい、費用対効果が低くなることが予想されます。特定のプロモーションから集まったお客様には、それにふさわしいフォローを順次行い、コミュニケーションをトータルで設計・実施すべきです。具体的には、お客様の性質・行動に合わせて、フォローのメールシナリオを組み立てていく。お客様の心理変容に合わせて、広告を適切なタイミングで見せて、クロスセル・アップセルを行っていく等。そのような丁寧なフォローやアプローチができてこそ、「お客様の心を掴み、成果を最大化する」ことができるのでは、と考えています。

これらを我々が風上から風下まで支援することで、施策の成果を高めていきたいと考えています。

実現には労力も時間もかかると思いますが、様々なASPを活用して実現していきたいと思います。WEBCASはそのツールの一つとして活用していきたいと思います。今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

ーどうもありがとうございます。今後とも引き続き、よろしくお願いいたします。

新東通信様のお悩みはこれで解決!

安心感、信頼感のあるWEBアンケートシステムで迅速にアンケートフォームを作成したい!

アンケート・フォーム作成システム
WEBCAS formulator

PC・モバイル対応アンケート・フォーム作成システム

DBと連動させた、きめ細かいメールマーケティングを行いたい!

メール配信システム
WEBCAS e-mail

PC・モバイル対応、毎時300万通の高速配信ができるOne to One メール配信システム

ユーザ企業様プロフィール

商号 株式会社新東通信
本社所在地 名古屋市中区丸の内3-16-29
設立 1972年8月
資本金 払込資本9,000万円
社員数 210名(2011年8月現在)
URL http://www.shinto-tsushin.co.jp/
事業内容 広告代理業
【ご注意】
  • ※本記事に関するお問い合わせは株式会社エイジアまでお願いいたします。ユーザー企業様へのお問い合わせはご遠慮ください。
  • ※本記事は、当社製品・サービスの理解を深めていただくために公開しています。本来の目的以外の用途で利用することはできません。
  • ※本サイトに掲載されているコンテンツ(記事、画像、イラスト等)は株式会社エイジアの承諾なしに無断転載することはできません。
  • ※会社名、ロゴ、商品・サービスの名称などは各社の商標または登録商標です。