WEBCAS
メールでつながる。メールでつなげる。メールマーケティングシステムWEBCAS
  • お電話でのお問い合わせ:0120-965-082
  • 今すぐ資料ダウンロード
  • お問合せ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
株式会社エイジア
  • ウェブキャスとは
  • メール配信システム WEBCAS e-mail
  • アンケートシステム WEBCAS formulator
  • メール共有システム WEBCAS mailcenter
  • 導入実績
  • セミナー・勉強会
  • お客様相談室
  • 販売パートナー様のご案内
ウェブキャスとは
お見積もりはこちらから

部署や作業内容によるユーザグループを柔軟に設定可能

多くのオペレータを抱える企業様でご活用いただいているWEBCASは、コンプライアンス体制に応じた、フレキシブルな権限設定を行える管理ツール「WEB CAS manager」を標準実装しています。

「WEBCAS manager」は、WEBCASシリーズすべての各機能についての権限をオペレータ毎に設定し、一元管理できるうえ、オペレータの操作ログを出力することでオペレータの操作内容をアクション毎に監視することも可能です。

これにより、内部からの情報漏えいを防ぐとともに、抑止力の強化を図ることができます。

部門・組織別にアクセス権限の割り当てが可能

各オペレータに対して細かく権限を割り当てることで、運用スキームにのっとった高セキュリティの運用体制を構築できます。また部署毎にメール配信機能・アンケート機能を管理したい場合、メール配信システムの管理単位「スキーマ」およびアンケートシステムの管理単位「グループ」毎に細かく、権限を割り当てることも可能です。

部門・組織別に運用スキームにのっとったアクセス権限の割り当てが可能

運用単位を複数設定可能

WEBCASシリーズは、複数部署や組織別に完全に管理を分けて運用することができます。部門やサービス毎に、お客様データを完全に分けて運用したい場合等に最適です。

承認フロー設定が可能

WEBCAS3シリーズで行う業務において、最大3段階の承認フローが設定できます。これにより、ケアレスミスなどによる誤ったメール配信や情報公開を防ぎます。

最大3段階の承認フローが設定できます

オペレータに「個人情報を見せない」設定が可能

企業内部から個人情報の流出を防ぐには、最初から必要人員以外に「個人情報を触らせない」運用にするのが一番です。「WEBCAS manager」ではオペレータ毎に個人情報閲覧権限の可否が設定可能。オペレータに閲覧権限がない場合には、配信結果の詳細データをダウンロードした場合でも、個人情報部分はマスキングした状態になるため、オペレータは個人情報を見ずに分析することが可能です。

抑止力に効果を発揮!操作ログダウンロード

企業内部から個人情報や機密情報の流出を防ぐ抑止力となるのが、強固な管理体制です。WEBCASでは、オペレータの操作ログを出力し、オペレータの操作内容をアクション毎に監視することが可能です。また不正なアクセス等があったときにも追跡が可能です。このような監視体制を強いておくことが、犯罪の抑止力として効果を発揮します。

IP制限でログインできる場所を固定

管理画面の認証がID/PASSだけでは、場所を選ばず管理画面にログインできる環境となってしまいます。「WEBCAS manager」では、オペレータ毎にオペレータ名やパスワードの設定は勿論のこと、IPアドレスによるログインの制限もかけることができます。

IP制限でログインできる場所を固定

配信件数通知メールでサーバ負荷予測が可能

日々のメール配信の結果や、最大5日後までのメール配信予定内容を管理者に通知する機能も装備しておりますので、事前に過度のメール配信によるサーバーダウンなどを防ぐことができます。