• マーケティングオートメーション
  • メール配信
  • アンケート・フォーム作成
  • 問い合わせメール共有
  • ウェブキャスとは
  • 導入実績
  • セミナー・勉強会
メール配信システム WEBCAS e-mail
その想い届け隊 想いちゃん・届く君

メール配信API

大量高速メール配信システムWEBCAS e-mailでは、皆様がお使いのシステムに連携するためのAPIをご用意しています。ユーザー様の想定するシステム構成に合わせて、ご自由に設計いただけます。

メール配信APIのご利用について

APIを利用すれば、WEBCAS管理画面上で操作することなく、お客様のシステム(既存Web会員管理システム、CRMシステム、ERP、SFAなど)を操作するだけで、大量高速メール配信が行えるようになります。システムをまたいだ二重管理や、大量配信に伴う新規開発、設備投資、管理運用メンテナンスの必要はありません。

メール配信APIの利用イメージ

メール配信APIの利用イメージ

また、WEBCASの管理画面を一部利用して配信することも可能です。例えば「メール文面の作成・配信予約のみAPI経由で行い、顧客データベースはWEBCAS内に構築し、運用する」といった設計をすることができます。

バッチ処理も可能

WEBCASのAPIでは、お客様の既存顧客リストと、WEBCASのメール配信用データベースを同期するバッチ処理をサポートしています。例えば、「メール配信リストはAPI経由で最新データを毎日自動で同期し、メール作成・配信作業はWEBCASの管理画面で行う」といった運用が可能です。

バッチ処理も可能

【APIをご用意しているWEBCAS e-mail機能の例】

配信データ連携
 メール配信リストの取り込み(CSVデータ形式のメールアドレス一括登録)

メール作成・配信
 メール文面の登録、メール配信予約、予約のキャンセル、メール削除など

メール配信結果を戻す
 配信エラーリストの取得、配信停止データ取得など

APIを活用したメール配信は、各種事例がございます。

大量メール配信機能を専門業者に任せた方がよい理由とは

今、自社サービスの会員管理システムに、数万規模のメルマガ配信の機能をつけようと考えています。自分でプログラムを実装しようと思いますが大丈夫でしょうか。
大量メール配信機能は、専門業者のサービスを使うのが現実的です。
各種業務システムを構築し、大量メール配信機能を付与する場合、注意が必要です。これは、メール配信規模が数千件以上になると、プロバイダや携帯キャリア側の受付制限の関係で、メールが正常に受信されなくなる可能性があるからです。大量メール配信の到達率を上げるために、必要な要素は大きく分けて3つあります。
  1. 大量メール配信に耐える設備
    配信規模に応じたサーバや回線などインフラ整備が必要ですし、IP分散のため、相当量のIPを用意する必要もあります。
  2. 大量メール配信システムを支えるシステム構築ノウハウ
    PC/モバイル向け双方の適正なエラーメール処理を行うシステムを構築できるかが、キーになります。
  3. システムの安定稼働を支える経験豊富な人的リソースと運用体制
    そのシステムが継続的に安定稼働しているかを監視する技術者や、もしものときの緊急対応が行える体制、これが大変重要です。

一ユーザー企業がこれらの対応を行うのは、費用・リソース・信頼面を考慮すると難しいのが現実ではないでしょうか。メール配信業者のクラウドサービスが提供するAPIを活用すれば、ユーザー企業様が構築したシステムに、大量メール配信機能だけを強化することができるので、システム構築をご検討されている場合、特にお薦めです。 また、現システムにメール配信パッケージを連携する場合には、カスタマイズ経験とメール配信の管理ノウハウが豊富な業者を選定し、ともに適切な運用体制を構築していくことが肝要です。
では、メール配信APIを提供している企業を選定したいと思います。どうやって選べばよいですか。
大量メール配信のキモは「きちんと届くか」。見分け方の一つは「取引先の審査体制」です。
「やりたい機能がある」ことはもちろんですが、それ以前に「メールがきちんと届くか」という観点で業者を選ぶ必要があります。「メールがきちん届く」クラウドサービスの選定で注目すべきなのは、メール配信業者の「取引先を審査する体制」です。 メール配信クラウドサービスは、複数ユーザー企業が同じ設備からメール配信を行います。その中で、1ユーザー企業が迷惑メールを大量配信した場合、他ユーザーのメールも「迷惑メール」と判定される可能性が高くなります。「迷惑メール配信を行う問題業者」をユーザーとして抱えていない、メール配信クラウドサービスを選ぶことが肝要です。そのためには、多少時間とコストがかかっても、サービス提供時にきちんとした審査を行う業者を選定いただければ幸いです。
導入にあたってのご相談・お問い合わせはこちら!

メール配信APIを利用している、当社お客様の事例

メール配信APIを利用しているお客様の声をご紹介します。

「APIを利用して、緊急度の高いユーザーサポートメールを配信しています」―ベリトランス株式会社様

ベリトランス株式会社様

「緊急度の高いユーザーサポートメールを、ミスなく高速確実に24時間365日配信できるようになりました」

「EC決済サービスの障害発生メールや復旧報告メールなど、特に緊急度の高いユーザーサポートメールをWEBCAS e-mailのAPIを利用して配信しています。

具体的には、当社側で構築した専用管理画面で、監視スタッフが必要な情報(障害通知の種類や発生場所、影響機能等)を選択するだけで、メール文面や配信対象などメール配信に必要な情報がAPI経由でWEBCASに送信され、WEBCASから即座にメールが配信されるという仕組みです。

通常のメルマガ配信などの使い方であればWEBCAS e-mailの管理画面上で自由にコンテンツを作成しますが、当社のように緊急度の高いメールを配信したい場合は、コンテンツ作成の自由度よりも「ミスが起きづらく、短時間で操作が完了する」という仕組みが必要です。WEBCAS e-mailには当社システムに連携できるAPIが用意されていたので、要望通りの運用が実現しました」

ベリトランス株式会社様 導入事例はこちら
→ http://webcas.azia.jp/casestudy/case171.html

「基幹システムとWEBCASをAPIで連携し、複数のメール配信を自動化しました」―株式会社デファクトスタンダード様

株式会社デファクトスタンダード様

「現在、数十万人の会員に向けてメールマーケティングを行っています」

「当社はブランド品の買取販売サービス『ブランディア』を運営しています。

以前はすべてのメール配信を手作業で運用していたのですが、ブランディアの会員数が急激に増加したことで、従来の運用に限界を感じるようになりました。そこでこれらの定型業務を効率化するため、基幹システムとWEBCASをAPIで連携し、メール配信の自動化を行いました。

今では4種類のメールが完全に自動で配信されるようになり、その分の時間をメールマーケティングの企画立案や分析業務に充てられるようになりました」

株式会社デファクトスタンダード様 導入事例はこちら
→ http://webcas.azia.jp/casestudy/case194.html

AZIA

株式会社エイジア
東京都品川区西五反田7-20-9
KDX西五反田ビル4階

お電話でのお問い合わせ:0120-965-082
資料請求・お問い合わせ
AZIA
AZIA
Copyright © AZIA CO., LTD. All Rights Reserved.
pagetop